楽しい旅行を楽しみたいなら計画を立てよう!

国内旅行に行くとしたら

旅行は仕事のストレスを発散させてくれる絶好の機会ですよね。しかし、計画を立てていかなければ、現地で迷ってしまう傾向にあり、なかなか行きたい場所を決められず悩んでしまう可能性もありますよね。そのためにも、必ずどこに行きたいか、何をしたいかを計画を立てていくことをおすすめします。おすすめなのは、国内旅行です。自分の住んでいる地域とは違ったところを存分に楽しむのもおすすめです。季節によっても、雰囲気は変わります。例えば、冬に東北に行くとしたら、スノーボードなども旅行のついでに楽しむことができます。夏では、国内でもマリンスポーツを満喫できます。まずは、自分達で旅行に行きたい場所と季節を選ぶのも良いと思います。

海外に行くとしたら!

海外に旅行に行きたいと思ったら、1週間は仕事の休みを取った方がいいでしょう。海外旅行を十分に満喫することができます。行きたい場所が決まったら旅行代理店に行くことをおすすめします。旅行代理店に行く前に自分が出せる予算を計算しておくと話がスムーズに行きます。旅行代理店のスタッフが予算に合ったホテルなどを紹介してくれます。また、ホテルで実施中のサービスなども教えてくれます。予算内で海外旅行を楽しめたら、後は現地で遊ぶのみです。旅行代理店では、現地でできるスポーツや観光のツアーを紹介してくれます。現地でも支払が苦手な人は旅行代理店で支払を済ませてくれるサービスもあるので、よく調べていくのもいいでしょう。

バカンス

「旅行」のワクワク!期待に満ちた新しい発見!

古今東西!旅行は人生の縮図であります。

旅行というとどのようなタイプのものを思い浮かべますか?「家族旅行」は我々が体験した旅行の基本形ですね。誠実な目的の元、安心したひと時を過ごす事が出来ます。温泉やテーマパークに行きましたよね。手軽でちょっとぜいたくで、ご褒美としての意味合いを持つ場合もあります。無理をすれば手が届く。あるいは手が届くだろうという期待を捨てずに済む旅行です。「研修旅行」や「修学旅行」または「職員旅行」、これらには少々義務の匂いが漂います。少しだけ窮屈ですが実に日本的な価値観の共有を体験できます。友人との旅行、その初めてのチャレンジは「卒業旅行」でしょうか。全くの他人とプライベートを共にする修行の始まりです。大人になるためのステップです。

旅行鞄と胸を期待で一杯にして、さあ出かけましょう!

自分の収入に見合った(身の丈にあった)プログラムの選択はなかなか大変です。パッケージツアーかそれとも個人旅行の選択か。パッケーツアーで赤の他人と集団行動を共にするのもオツなものです。少し窮屈ではありますが、自分では選ばないであろう新しい発見に満ちていることでしょう。「個人旅行」といっても様々ですが、自分の好みに従って組み立てたものが基本ですね。友人と行くのか、家族と行くのか。あるいは一人旅なのか。「一人旅」これは特別な響きを持っています。少しの孤独とたくさんの気軽さと、ちょっとした挑戦とスリルと。「旅行」!実に多くの側面を我々に示してくれる友達です。さあ、旅行鞄に期待を詰め込んで出かけるとしましょうか。

放浪

地元を旅してみよう!超近場旅行で地元の魅力を再発見!

自分の地元をどれくらいご存知・・・?

「旅行に行きたいけど、長期の休みが取れないし・・・」「遠くまで出かけると乗換えとか大変で面倒・・・」という人は、わりと多いのではないでしょうか?そんな人にオススメしたいのが、自分の今住んでいる地元を中心とした「超近場旅行」です。自分が住んでいる街って、意外とよく知らないもの。子どもの頃から住んでいる街ならば隅々までよく知っているかもしれませんね。でも入学や就職、転勤などで移り住んだりすると、通勤・通学以外は近くのスーパーやコンビニくらいしか行かない、なんてことも。町の名物や有名店、グルメスポットなどをどれくらいご存知ですか?例えば近くに全国的に有名な観光スポットがあったりしても、気が付かずに前を通り過ぎていたりするかもしれませんよ。

自分の住んでいる街を再発見しよう!

「自分の住んでいる街に、そんなスポットなんてあったっけ・・・?」と思う人も多いかも知れません。でも例えばインターネットで自分の町の名所を検索して見てください。意外な名所や名物、名店などがあったりすることも多いんですよ。由緒のある歴史の古いお寺や神社があったり、古代の伝説の伝わるスポットがあったり、穴場の温泉施設があったり・・・。評判のお店や町の名物グルメなども、一度も食べたことがないなんて人も多いはず。普段絶対に泊まることのない、街の旅館やホテルに一度宿泊してみるのも良いのではないでしょうか?地元の名所や名物を知っておくと、より街への愛着も深まるかも。またお友達が訪ねてきたときに、自信を持って自分の住んでいる街を案内することができますよ!

余暇

こんな移動手段はいかが?旅行の行き方にもこだわろう!

フェリーでのんびり移動!

フェリーを使って旅行先まで行くという移動手段があります。例えば、大阪発九州行きのフェリーの場合、13時間ほどで到着します。フェリーの中はホテルのような豪華な造りになっていることが多いです。長時間の船旅なので、夕方に出発して朝につくようなタイムスケジュールがになっています。なので、旅行客はフェリーの中に宿泊します。高級な客室から大部屋で雑魚寝のツーリストという部屋までさまざまです。フェリーでは自由な時間が多いので、気ままに過ごせるというメリットもあります。食事は、ビュッフェスタイルが一般的で贅沢なメニューが多くあります。たまにはデッキに出て潮風を浴びながらまどろむというのも醍醐味のひとつでしょう。

夜行バスで節約旅行!

お金がない学生や節約した旅行を楽しみたい人には夜行バスが人気です。夜行バスは深夜に出発して明け方に到着するということが一般的です。バスのタイプはバス会社によってさまざまで4列シートや3列シートが普通です。中には、個室のようにしきりがあってプライバシーを守れるという特徴のバスまで存在します。バスは格安ですが、移動中は寝られるので好んで利用している旅行者も多いです。他人が気になるという人は、耳栓やアイマスクや小型の枕などを持参するのが望ましいでしょう。寝て起きたら目的地なので楽です。何回もパーキングエリアには停まってくれるのでトイレも安心です。深夜のパーキングエリアで軽食を食べることを小さな楽しみとしている人もいます。

世界旅行博

旅行といえば、温泉ですよね!!温泉だけでは終わらない

温泉街のリゾートホテル

温泉に旅行に行くことが多いと思いますが、温泉街では遊ぶ所が少ないと思いませんか。子供がいるとなおさらですよね。そんな思いがある方はリゾートホテルがおすすめです。マンションの一室を借りますので、広いですしキッチンや冷蔵庫も完備されていますので料理もしようと思えばできます。また、持込も自由ですので夜おなかが空いた時でも安心です。コンドミニアムに来た感じを味わえます。また、中にはプール付きのホテルもあり、自由に遊べますし疲れたらホテルで休憩すればよいので気兼ねなく遊べます。夕食をバーベキューを選べば、バーベキューをしながらプールに入れます。夜のプールは、格別ですよ。映画のワンシーンに入ったかのような気分です。食事はバーベキューだけではなく、温泉旅館同様の食事も楽しめます。

温泉近くの水族館で釣りを楽しむ

温泉に入り体を癒した後、水族館で楽しむことがありますよね。オススメの水族館は城之崎マリンワールドです。城之崎マリンワールドは、イルカ・アシカショーはもちろんのこと。ドルフィンタッチ・ドルフィンスイム・バックヤードツアー・さかなのランチタイム等多くの体験コースがあり、まじかで動物と触れ合うことができます。トドのダイビングなんかは迫力満点です。ペンギンの散歩は目の前を行列で歩く姿はかわいいものですよ。いろんな楽しみがある中で、一番のオススメは、あじ釣りです。もちろん釣り道具、エサ用意済みですので子供といっしょに気軽に釣りを楽しみことができます。釣れた魚はすぐにその場で天ぷらにしてくれますので、味も格別です。

旅行ガイドブック