忙しい方にも必見!日帰りの旅行の存在と魅力

忙しい方でも気軽に行える日帰り旅行

忙しい方の場合には、中々休みを取る事ができなくて旅行を実施する事ができない事も少なくないんですよね。たまには魅力的な場所に旅行する事で、気分転換を行う事ができる為、心身ともにリフレッシュする事ができますよ。そこで忙しい方も日帰り旅行を選択する事によって、気軽に旅行を楽しむ事ができますよ。現在では新幹線や飛行機などを活用する事で、かなり遠くの場所にも行く事ができるでしょう。朝早く出発して、夜遅く帰ってくるだけでも十分に楽しむ事ができる旅行方法の一つでもあるんですよね。この方法ならば、忙しい方でも十分に日帰り旅行を楽しむ事ができるので、すでに忙しい生活を送っている方もたくさんの人が活用している方法でもありますね。

少ない費用で楽しむ事ができる日帰り旅行

日帰り旅行はちょっとした時間を利用して、楽しむ事ができる旅行だけではありません。その他にも少ない費用で楽しむ事ができるので、日帰り旅行はお金の面に関しても、お得な旅行になっているんですよね。どうしても旅行する場合には、多くの費用が必要になってしまうので、少なからずお金の負担が発生してしまうんですよ。しかし日帰り旅行を選択する事で、ちょっとでも旅行で使用するお金を節約する事ができるんですよね。これによって費用を少なくして、楽しい旅行を実現する事ができるので、お金に問題がある方でも十分に楽しむ事ができるでしょう。これも日帰り旅行のメリットになっており、短い時間を効率よく楽しめる要素の一つになっていますね。

旅行写真

夏旅行を身軽に楽しもう!旅先に持っていく洋服の選び方!

着回しを基本に洋服を選びましょう

サマーシーズンには旅行に出かける人も多いでしょう。できれば荷物は少なめにしたいと思っても、つい旅先でのお洒落を優先して旅行鞄が膨らんでしまうケースは少なくありません。そこで、なるべく身軽な旅支度をするために荷物から洋服を減らす方法を考えてみましょう。まず洋服の枚数を減らすにしても、旅先でずっと同じコーデでいるのは避けたいですよね。ですから着回しし易いアイテムで複数のコーデが可能な洋服を選べば、多くの荷物にはなり難くなり、旅先でお洒落に過ごせます。ボトムから選んでいくと、ベーシックなデニムなどでは様々なトップスとの相性が抜群なのでお勧めです。短期の旅行ならボトムは多くて3枚あれば十分でしょう。着回しを考えて柄物のスカートなどは避けた方が無難ですね。逆にトップスは色物や柄物を選ぶとベーシックなボトムに合わせ易いですが、柄物の場合は2枚程あれば着回し出来ます。

嵩張っても良い!?リゾートにワンピースは外せない!

サマーリゾートを楽しみたいならワンピースは外せないと言う人もいるでしょう。ワンピースは嵩張りがちなアイテムなので、なるべく一枚だけに抑えます。肩が大きく開いたノースリーブなどのワンピースでは、肩口に羽織るアイテムがあれば数種類のコーデが楽しめます。無地のサマーカーディガンや薄手のストールなどを上手く利用しましょう。カーディガンやストールは他のボトムやトップスと合わせ易いデザインを選ぶのがポイントです。例えばデニムと無地のカーディガンならコーデし易いですよね。また旅先に持っていく洋服はしわになり難い素材を選ぶのも大切です。特にワンピースやスカートは畳んでもしわになり難いシフォンやプリーツスカートなどがお勧めです。透け感があればリゾートらしく着こなせます。

観光

旅行の醍醐味!温泉をより良く堪能するにはどうすれば?

良い温泉の探し方は?

旅行の醍醐味の一つに温泉があります。温泉は一日の疲れを癒し、仲間や家族との良いコミュニケーションの場としても機能します。せっかく温泉に行くので、やはり良い温泉に入りたいと思うのが自然です。良い温泉の定義は人によって異なりますが、基本的には泉質と景色に大別されます。泉質を重視する際は源泉かけ流しという表記を頼りに選ぶと満足できます。源泉かけ流しとは湧き出た湯をそのまま使い捨てる方式で、逆に循環と表記されている場合は源泉を使いまわしているので鮮度が失われています。中には足元から湧き出す温泉もあります。景色を売りにしている場合は宿のホームページや予約サイトで大々的に宣伝されているはずなので、それを頼りにします。

温泉に正しく入って旅行を楽しむ

やっとの思いで宿に到着し、荷物を置いたらすぐに温泉に行きたくなるものですが、それは体にとって優しくありません。車なり電車の移動で体は疲れているので、30分ほどの休憩と水分補給が必要です。旅館にはお茶と菓子が置いてありますが、糖分と水分をしっかり補給してから温泉へ向かってくださいという意味合いがあるのです。そして、せっかくの温泉だからと言って入り過ぎると湯当たりしてせっかくの旅行が台無しになってしまいます。湯当たりをすると頭痛や倦怠感に襲われるのでその後の食事や翌日の観光に悪影響を及ぼします。入浴は、汗が玉のように出て心臓がドキドキしていると入り過ぎなので、額に薄っすらと汗がにじみ出たら浴槽から出た方が良いです。

観光協会

旅行を快適にするために準備はぬかりなくしよう

洗濯物は他人任せにしよう

旅行は楽しいけれど、困るのは洗濯物の扱いです。荷物になるし、汗ばんだりしてそのまま鞄に入れておくのは気分が悪い、いっそ洗いたいと思うはずですよね。そんな時に意外と便利なのが宅配クリーニングを使ってみることです。宅配クリーニングサービスと契約しておけば、旅行先から邪魔な洗濯物を出すことができちゃいます。しかも、綺麗に洗った洗濯物は、自宅で受け取ることができるので、旅行で疲れて何もしたくない、って気分になっているときには、本当に嬉しいものです。それに、洗濯物を宅配クリーニングに出してしまえば、その分鞄に余裕ができます。そのスペースをお土産を入れるようにすれば、手荷物はコンパクトになり、移動も楽々ですよ。

飛行機や新幹線でぐっすり寝る

旅行では、飛行機や新幹線での移動途中も楽しみたいけれど、疲れている時にはぐっすりと眠りたいものですよね。そんなときには安眠グッズを用意しておくと、安心です。どんなものがあるのかというと、手軽に持ち運べるものとしてトラベル用の枕は基本です。首にはめ込む形で使用するので、ずれたりすることなく快適に眠れます。それから、明るい場所だと眠れないというならば、アイマスクを用意しておくと良いでしょう。アイマスクは締め付けるのが苦手という人でも、柔らかい生地のアイマスクならば、やさしく光を遮ってくれます。それから回りが五月蠅いと駄目だという人は耳栓がいいのですが、完全に音を遮断してしまうと目的地に付いても寝過ごしてしまいます。目的地に着く時刻にバイブレーションが作動するスマホのタイマーアプリをセットしておくことをお薦めします。

タビマスターズ

暇な休日には小旅行に行こう!オススメの計画の立て方☆

楽しい小旅行にするには?

夏が近くなってきました。夏休みにどこどこに行くぞ!と計画を立て始める時期でもありますね。今回は、短い休日でも楽しめるような小旅行のプランニングの仕方を説明します。まず小旅行とは、読んで字の如く「小さな旅」のこと。具体的には、日帰りでも翌日に支障がない程度に楽しめる旅の事です!社会人ともなれば、まとまった休みは取り辛いもの。それでも、日頃の疲れをゆーっくり癒やして、羽根を伸ばしたい!そう思う事も、少なくありませんよね?小旅行は、リフレッシュにぴったり!毎日毎日、いつも分刻みでスケジュールが詰まっている、休日はいつも家でゴロゴロ……そんな方にもおすすめです☆夏のツラさを吹き飛ばすような、楽しい小旅行にしましょう☆

だらだらまったりお散歩旅行

筆者のおすすめ小旅行のエッセンスはズバリ、「スケジュールを作らない」。スケジュールに縛られず、心の向くまま、気の向くまま、ゆっくりと何も考えず周りの景色を見ながら歩くのは本当に贅沢な休日です☆電車に乗って、少し遠くの駅で下りる。それだけで小旅行のステップ1は終了です。次はその下りた駅周辺を散策すること。ただぼんやりと、周りに何があるかを見ながら歩き、忙しい毎日をふっと忘れる……。小旅行のステップ2、終了です。そしてステップ3は「現地の物を食べる」!いつものランチはワンコイン、なアナタも、旅行に来たからにはランチを多少豪勢にしてみましょう!旅先での美味しい物は絶対に忘れませんよ☆小旅行が終わったらその日の思い出を思い返しながら帰路につきましょう。家に着く頃にはきっと、次の小旅行の計画を立てていますよ♪

タビマスターズ