食文化に触れる旅ー旅先のスーパー・市場を覗いてみよう!

スーパーマーケットで異文化発見!

皆さんは、旅先で絶対に外せない場所はありますか?美味しい名物料理を出すレストランや、エッフェル塔・万里の長城といった超有名な観光スポットにはきっと足を運ばれることでしょう。もう一つ、旅に出たらぜひ行ってみて欲しい場所があります。それは、地元のスーパーマーケットです。特に海外のスーパーでは、見たことのない果物や野菜が並んでいて、興味をひかれます。40cm以上もあるナスや、手のひらサイズの白菜など、見慣れたものでも気候が違えば全く別物に育っていたりします。他にも、冷凍食品の種類の多さ、巨大なミネラルウォーターのボトル、高く積み上げられたコーラ、ベジタリアン向け食材などなど、食文化による品ぞろえの違いにもぜひ注目してみてください。

早起きしたら、朝市に繰り出そう

「早起きは三文の徳」ということわざがありますが、旅先でもちょっと早起きして街を散策してみましょう。早朝には、市場が立っていることがあるのです。街の人たちが何を食べ、どんな暮らしをしているのか覗くのは楽しいものです。中華圏へ行くと、大きな包丁で豚肉をさばいている迫力満点のお店が見られます。東南アジアへ行くと、青や黄色のカラフルな魚が食用として並べられています。でっかいカエルが売っていることもあるので、苦手な方は注意してください。たいていは、朝市の買い物客に合わせて、朝ごはんのお店が出ています。いろんなお店がある中でも、賑わっているお店はきっと美味しいはずです。地元の人に紛れて朝ごはんを食べるのも、楽しいひとときになるでしょう。

ホームエクスチェンジ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です