旅行の醍醐味!温泉をより良く堪能するにはどうすれば?

良い温泉の探し方は?

旅行の醍醐味の一つに温泉があります。温泉は一日の疲れを癒し、仲間や家族との良いコミュニケーションの場としても機能します。せっかく温泉に行くので、やはり良い温泉に入りたいと思うのが自然です。良い温泉の定義は人によって異なりますが、基本的には泉質と景色に大別されます。泉質を重視する際は源泉かけ流しという表記を頼りに選ぶと満足できます。源泉かけ流しとは湧き出た湯をそのまま使い捨てる方式で、逆に循環と表記されている場合は源泉を使いまわしているので鮮度が失われています。中には足元から湧き出す温泉もあります。景色を売りにしている場合は宿のホームページや予約サイトで大々的に宣伝されているはずなので、それを頼りにします。

温泉に正しく入って旅行を楽しむ

やっとの思いで宿に到着し、荷物を置いたらすぐに温泉に行きたくなるものですが、それは体にとって優しくありません。車なり電車の移動で体は疲れているので、30分ほどの休憩と水分補給が必要です。旅館にはお茶と菓子が置いてありますが、糖分と水分をしっかり補給してから温泉へ向かってくださいという意味合いがあるのです。そして、せっかくの温泉だからと言って入り過ぎると湯当たりしてせっかくの旅行が台無しになってしまいます。湯当たりをすると頭痛や倦怠感に襲われるのでその後の食事や翌日の観光に悪影響を及ぼします。入浴は、汗が玉のように出て心臓がドキドキしていると入り過ぎなので、額に薄っすらと汗がにじみ出たら浴槽から出た方が良いです。

観光協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です