旅行の醍醐味!温泉をより良く堪能するにはどうすれば?

良い温泉の探し方は?

旅行の醍醐味の一つに温泉があります。温泉は一日の疲れを癒し、仲間や家族との良いコミュニケーションの場としても機能します。せっかく温泉に行くので、やはり良い温泉に入りたいと思うのが自然です。良い温泉の定義は人によって異なりますが、基本的には泉質と景色に大別されます。泉質を重視する際は源泉かけ流しという表記を頼りに選ぶと満足できます。源泉かけ流しとは湧き出た湯をそのまま使い捨てる方式で、逆に循環と表記されている場合は源泉を使いまわしているので鮮度が失われています。中には足元から湧き出す温泉もあります。景色を売りにしている場合は宿のホームページや予約サイトで大々的に宣伝されているはずなので、それを頼りにします。

温泉に正しく入って旅行を楽しむ

やっとの思いで宿に到着し、荷物を置いたらすぐに温泉に行きたくなるものですが、それは体にとって優しくありません。車なり電車の移動で体は疲れているので、30分ほどの休憩と水分補給が必要です。旅館にはお茶と菓子が置いてありますが、糖分と水分をしっかり補給してから温泉へ向かってくださいという意味合いがあるのです。そして、せっかくの温泉だからと言って入り過ぎると湯当たりしてせっかくの旅行が台無しになってしまいます。湯当たりをすると頭痛や倦怠感に襲われるのでその後の食事や翌日の観光に悪影響を及ぼします。入浴は、汗が玉のように出て心臓がドキドキしていると入り過ぎなので、額に薄っすらと汗がにじみ出たら浴槽から出た方が良いです。

観光協会

夏旅行を身軽に楽しもう!旅先に持っていく洋服の選び方!

着回しを基本に洋服を選びましょう

サマーシーズンには旅行に出かける人も多いでしょう。できれば荷物は少なめにしたいと思っても、つい旅先でのお洒落を優先して旅行鞄が膨らんでしまうケースは少なくありません。そこで、なるべく身軽な旅支度をするために荷物から洋服を減らす方法を考えてみましょう。まず洋服の枚数を減らすにしても、旅先でずっと同じコーデでいるのは避けたいですよね。ですから着回しし易いアイテムで複数のコーデが可能な洋服を選べば、多くの荷物にはなり難くなり、旅先でお洒落に過ごせます。ボトムから選んでいくと、ベーシックなデニムなどでは様々なトップスとの相性が抜群なのでお勧めです。短期の旅行ならボトムは多くて3枚あれば十分でしょう。着回しを考えて柄物のスカートなどは避けた方が無難ですね。逆にトップスは色物や柄物を選ぶとベーシックなボトムに合わせ易いですが、柄物の場合は2枚程あれば着回し出来ます。

嵩張っても良い!?リゾートにワンピースは外せない!

サマーリゾートを楽しみたいならワンピースは外せないと言う人もいるでしょう。ワンピースは嵩張りがちなアイテムなので、なるべく一枚だけに抑えます。肩が大きく開いたノースリーブなどのワンピースでは、肩口に羽織るアイテムがあれば数種類のコーデが楽しめます。無地のサマーカーディガンや薄手のストールなどを上手く利用しましょう。カーディガンやストールは他のボトムやトップスと合わせ易いデザインを選ぶのがポイントです。例えばデニムと無地のカーディガンならコーデし易いですよね。また旅先に持っていく洋服はしわになり難い素材を選ぶのも大切です。特にワンピースやスカートは畳んでもしわになり難いシフォンやプリーツスカートなどがお勧めです。透け感があればリゾートらしく着こなせます。

観光

忙しい方にも必見!日帰りの旅行の存在と魅力

忙しい方でも気軽に行える日帰り旅行

忙しい方の場合には、中々休みを取る事ができなくて旅行を実施する事ができない事も少なくないんですよね。たまには魅力的な場所に旅行する事で、気分転換を行う事ができる為、心身ともにリフレッシュする事ができますよ。そこで忙しい方も日帰り旅行を選択する事によって、気軽に旅行を楽しむ事ができますよ。現在では新幹線や飛行機などを活用する事で、かなり遠くの場所にも行く事ができるでしょう。朝早く出発して、夜遅く帰ってくるだけでも十分に楽しむ事ができる旅行方法の一つでもあるんですよね。この方法ならば、忙しい方でも十分に日帰り旅行を楽しむ事ができるので、すでに忙しい生活を送っている方もたくさんの人が活用している方法でもありますね。

少ない費用で楽しむ事ができる日帰り旅行

日帰り旅行はちょっとした時間を利用して、楽しむ事ができる旅行だけではありません。その他にも少ない費用で楽しむ事ができるので、日帰り旅行はお金の面に関しても、お得な旅行になっているんですよね。どうしても旅行する場合には、多くの費用が必要になってしまうので、少なからずお金の負担が発生してしまうんですよ。しかし日帰り旅行を選択する事で、ちょっとでも旅行で使用するお金を節約する事ができるんですよね。これによって費用を少なくして、楽しい旅行を実現する事ができるので、お金に問題がある方でも十分に楽しむ事ができるでしょう。これも日帰り旅行のメリットになっており、短い時間を効率よく楽しめる要素の一つになっていますね。

旅行写真

食文化に触れる旅ー旅先のスーパー・市場を覗いてみよう!

スーパーマーケットで異文化発見!

皆さんは、旅先で絶対に外せない場所はありますか?美味しい名物料理を出すレストランや、エッフェル塔・万里の長城といった超有名な観光スポットにはきっと足を運ばれることでしょう。もう一つ、旅に出たらぜひ行ってみて欲しい場所があります。それは、地元のスーパーマーケットです。特に海外のスーパーでは、見たことのない果物や野菜が並んでいて、興味をひかれます。40cm以上もあるナスや、手のひらサイズの白菜など、見慣れたものでも気候が違えば全く別物に育っていたりします。他にも、冷凍食品の種類の多さ、巨大なミネラルウォーターのボトル、高く積み上げられたコーラ、ベジタリアン向け食材などなど、食文化による品ぞろえの違いにもぜひ注目してみてください。

早起きしたら、朝市に繰り出そう

「早起きは三文の徳」ということわざがありますが、旅先でもちょっと早起きして街を散策してみましょう。早朝には、市場が立っていることがあるのです。街の人たちが何を食べ、どんな暮らしをしているのか覗くのは楽しいものです。中華圏へ行くと、大きな包丁で豚肉をさばいている迫力満点のお店が見られます。東南アジアへ行くと、青や黄色のカラフルな魚が食用として並べられています。でっかいカエルが売っていることもあるので、苦手な方は注意してください。たいていは、朝市の買い物客に合わせて、朝ごはんのお店が出ています。いろんなお店がある中でも、賑わっているお店はきっと美味しいはずです。地元の人に紛れて朝ごはんを食べるのも、楽しいひとときになるでしょう。

ホームエクスチェンジ

しっかりとした対策が必要!旅行を楽しむ為の防犯対策

適度に防犯対策を行う事が大切

旅行を実施する際に万が一の事態が発生する可能性も少なからず発生するんですよね。そこで旅行を実施する場合には、防犯対策を行う事が絶対に必要なんですよね。特に海外旅行を実施する場合には、防犯対策は必要不可欠でもあるんですよ。しっかりと防犯対策を行う事ができれば、安全に旅行を楽しむ事ができるので、万が一の事態を限りなく回避する事が可能ですよ。とても残念な話になりますが実際に旅行をする事で、万が一の事態に巻き込まれてしまう事もあります。しかし防犯対策を念入りに行う事ができれば、安心して旅行を行えますよ。楽しい思い出をたくさん作る為にも旅行を実施する予定がある方は、必要以上に防犯対策を行う事が大切ですね。

むやみやたらと荷物を置かない事

防犯意識を高く持つ事も旅行には、絶対に必要な事なんですよね。むやみやたらと荷物を置いてしまうと盗難や置引に巻き込まれる可能性が高くなるんですよね。そうなると楽しい旅行が台無しになってしまうので、むやみやたらと荷物を置かないように気を付けてもらいたいですね。決して難しい事ではなく、常に高い防犯対策を意識を持つ事が重要なんですよね。このようなちょっとした工夫を行うだけでも、十分に防犯対策を行う事ができるので、とても効果的な方法なんですよね。防犯対策のグッズをたくさん持っていても、意識が低かったら意味がないですね。置引や盗難に旅行中遭わない為にも、すぐに荷物を置いたりしないようにくれぐれも気を付ける事が大切ですね。

キャンピングカー

旅行といえば、温泉ですよね!!温泉だけでは終わらない

温泉街のリゾートホテル

温泉に旅行に行くことが多いと思いますが、温泉街では遊ぶ所が少ないと思いませんか。子供がいるとなおさらですよね。そんな思いがある方はリゾートホテルがおすすめです。マンションの一室を借りますので、広いですしキッチンや冷蔵庫も完備されていますので料理もしようと思えばできます。また、持込も自由ですので夜おなかが空いた時でも安心です。コンドミニアムに来た感じを味わえます。また、中にはプール付きのホテルもあり、自由に遊べますし疲れたらホテルで休憩すればよいので気兼ねなく遊べます。夕食をバーベキューを選べば、バーベキューをしながらプールに入れます。夜のプールは、格別ですよ。映画のワンシーンに入ったかのような気分です。食事はバーベキューだけではなく、温泉旅館同様の食事も楽しめます。

温泉近くの水族館で釣りを楽しむ

温泉に入り体を癒した後、水族館で楽しむことがありますよね。オススメの水族館は城之崎マリンワールドです。城之崎マリンワールドは、イルカ・アシカショーはもちろんのこと。ドルフィンタッチ・ドルフィンスイム・バックヤードツアー・さかなのランチタイム等多くの体験コースがあり、まじかで動物と触れ合うことができます。トドのダイビングなんかは迫力満点です。ペンギンの散歩は目の前を行列で歩く姿はかわいいものですよ。いろんな楽しみがある中で、一番のオススメは、あじ釣りです。もちろん釣り道具、エサ用意済みですので子供といっしょに気軽に釣りを楽しみことができます。釣れた魚はすぐにその場で天ぷらにしてくれますので、味も格別です。

旅行ガイドブック

こんな移動手段はいかが?旅行の行き方にもこだわろう!

フェリーでのんびり移動!

フェリーを使って旅行先まで行くという移動手段があります。例えば、大阪発九州行きのフェリーの場合、13時間ほどで到着します。フェリーの中はホテルのような豪華な造りになっていることが多いです。長時間の船旅なので、夕方に出発して朝につくようなタイムスケジュールがになっています。なので、旅行客はフェリーの中に宿泊します。高級な客室から大部屋で雑魚寝のツーリストという部屋までさまざまです。フェリーでは自由な時間が多いので、気ままに過ごせるというメリットもあります。食事は、ビュッフェスタイルが一般的で贅沢なメニューが多くあります。たまにはデッキに出て潮風を浴びながらまどろむというのも醍醐味のひとつでしょう。

夜行バスで節約旅行!

お金がない学生や節約した旅行を楽しみたい人には夜行バスが人気です。夜行バスは深夜に出発して明け方に到着するということが一般的です。バスのタイプはバス会社によってさまざまで4列シートや3列シートが普通です。中には、個室のようにしきりがあってプライバシーを守れるという特徴のバスまで存在します。バスは格安ですが、移動中は寝られるので好んで利用している旅行者も多いです。他人が気になるという人は、耳栓やアイマスクや小型の枕などを持参するのが望ましいでしょう。寝て起きたら目的地なので楽です。何回もパーキングエリアには停まってくれるのでトイレも安心です。深夜のパーキングエリアで軽食を食べることを小さな楽しみとしている人もいます。

世界旅行博

地元を旅してみよう!超近場旅行で地元の魅力を再発見!

自分の地元をどれくらいご存知・・・?

「旅行に行きたいけど、長期の休みが取れないし・・・」「遠くまで出かけると乗換えとか大変で面倒・・・」という人は、わりと多いのではないでしょうか?そんな人にオススメしたいのが、自分の今住んでいる地元を中心とした「超近場旅行」です。自分が住んでいる街って、意外とよく知らないもの。子どもの頃から住んでいる街ならば隅々までよく知っているかもしれませんね。でも入学や就職、転勤などで移り住んだりすると、通勤・通学以外は近くのスーパーやコンビニくらいしか行かない、なんてことも。町の名物や有名店、グルメスポットなどをどれくらいご存知ですか?例えば近くに全国的に有名な観光スポットがあったりしても、気が付かずに前を通り過ぎていたりするかもしれませんよ。

自分の住んでいる街を再発見しよう!

「自分の住んでいる街に、そんなスポットなんてあったっけ・・・?」と思う人も多いかも知れません。でも例えばインターネットで自分の町の名所を検索して見てください。意外な名所や名物、名店などがあったりすることも多いんですよ。由緒のある歴史の古いお寺や神社があったり、古代の伝説の伝わるスポットがあったり、穴場の温泉施設があったり・・・。評判のお店や町の名物グルメなども、一度も食べたことがないなんて人も多いはず。普段絶対に泊まることのない、街の旅館やホテルに一度宿泊してみるのも良いのではないでしょうか?地元の名所や名物を知っておくと、より街への愛着も深まるかも。またお友達が訪ねてきたときに、自信を持って自分の住んでいる街を案内することができますよ!

余暇

「旅行」のワクワク!期待に満ちた新しい発見!

古今東西!旅行は人生の縮図であります。

旅行というとどのようなタイプのものを思い浮かべますか?「家族旅行」は我々が体験した旅行の基本形ですね。誠実な目的の元、安心したひと時を過ごす事が出来ます。温泉やテーマパークに行きましたよね。手軽でちょっとぜいたくで、ご褒美としての意味合いを持つ場合もあります。無理をすれば手が届く。あるいは手が届くだろうという期待を捨てずに済む旅行です。「研修旅行」や「修学旅行」または「職員旅行」、これらには少々義務の匂いが漂います。少しだけ窮屈ですが実に日本的な価値観の共有を体験できます。友人との旅行、その初めてのチャレンジは「卒業旅行」でしょうか。全くの他人とプライベートを共にする修行の始まりです。大人になるためのステップです。

旅行鞄と胸を期待で一杯にして、さあ出かけましょう!

自分の収入に見合った(身の丈にあった)プログラムの選択はなかなか大変です。パッケージツアーかそれとも個人旅行の選択か。パッケーツアーで赤の他人と集団行動を共にするのもオツなものです。少し窮屈ではありますが、自分では選ばないであろう新しい発見に満ちていることでしょう。「個人旅行」といっても様々ですが、自分の好みに従って組み立てたものが基本ですね。友人と行くのか、家族と行くのか。あるいは一人旅なのか。「一人旅」これは特別な響きを持っています。少しの孤独とたくさんの気軽さと、ちょっとした挑戦とスリルと。「旅行」!実に多くの側面を我々に示してくれる友達です。さあ、旅行鞄に期待を詰め込んで出かけるとしましょうか。

放浪

楽しい旅行を楽しみたいなら計画を立てよう!

国内旅行に行くとしたら

旅行は仕事のストレスを発散させてくれる絶好の機会ですよね。しかし、計画を立てていかなければ、現地で迷ってしまう傾向にあり、なかなか行きたい場所を決められず悩んでしまう可能性もありますよね。そのためにも、必ずどこに行きたいか、何をしたいかを計画を立てていくことをおすすめします。おすすめなのは、国内旅行です。自分の住んでいる地域とは違ったところを存分に楽しむのもおすすめです。季節によっても、雰囲気は変わります。例えば、冬に東北に行くとしたら、スノーボードなども旅行のついでに楽しむことができます。夏では、国内でもマリンスポーツを満喫できます。まずは、自分達で旅行に行きたい場所と季節を選ぶのも良いと思います。

海外に行くとしたら!

海外に旅行に行きたいと思ったら、1週間は仕事の休みを取った方がいいでしょう。海外旅行を十分に満喫することができます。行きたい場所が決まったら旅行代理店に行くことをおすすめします。旅行代理店に行く前に自分が出せる予算を計算しておくと話がスムーズに行きます。旅行代理店のスタッフが予算に合ったホテルなどを紹介してくれます。また、ホテルで実施中のサービスなども教えてくれます。予算内で海外旅行を楽しめたら、後は現地で遊ぶのみです。旅行代理店では、現地でできるスポーツや観光のツアーを紹介してくれます。現地でも支払が苦手な人は旅行代理店で支払を済ませてくれるサービスもあるので、よく調べていくのもいいでしょう。

バカンス